▶2014.8.12 ファーム通信『第115号』(臨時号)を配信しました

2014年8月12日『第115号』 火曜日(曇り)

 

(く)さんから連絡があり急きょ草刈りに行って来ました。
(M)さんの前の畑が草ぼうぼうとのこと。
お盆前に綺麗にしたいのは墓掃除と同じ心境で、(M)さんのご指摘の通りと思いました。本来は指摘される前に実施すべきと重ねて思いました。
週一農業だから、ではすまされないと思います。我々は亀作にお邪魔していることをつい忘れがちです。自戒したい。でも(M)さんからスイカの差し入れがありほっとしました。

収穫の件
スイカが大きくなっています。食べ頃かどうか判断出来ませんので収穫しませんでした。
(か)さん、どうゆう状態になったら食べ頃か教えて下さい。
オクラは大きくなりすぎて半分以上捨てました。
今年の夏野菜は驚くほど順調に育ちました。しかし、収穫の時期を逸したため捨てる破目になっています。本当にモッタイナイです。

そこで提案です。
この時期、毎週水曜か木曜日は収穫の日にしたい。
ひとりでも多く行って収穫を望みます。
他のひとの分まで気にする必要ありませんので。
もちろん参加できる方のみです。

(め)は今度の木曜か金曜日にいく予定です。
作業内容は、
①刈り取った後の草の撤去作業(Mさんの前の畑)
②サツマイモ、スイカの草取り
③ジャガイモ、スイカ、他の収穫
よろしくお願いします。

▼Flickr写真チェック!

DSC_4983-1
P1130359-1
DSC_4972-5
DSC_4000-3
DSC_3681-1
DSC_3628-1

スマートフォンはこちら