▶2013.5.26 ファーム通信第70号配信しました 

最新!2013年5月26日『第70号』日曜日(曇り)

 

本日の作業

 

 すでに入手した

 乾燥芋の苗(いずみ)     400本
 サツマイモの苗(紅はるか) 200本
  を植える、畝(14m×13畝)を作りました。
 既に、圃場は先週までに堆肥を漉き込んであり、十分に耕運機をかけているので、土はふわふわで最良の状態でした。
 それでも、畝盛りをして、マルチをかけていく作業は60代の私達には結構きつい作業です。
 最初は1~2畝作っては大休止であったのですが、(ひ)さん、(め)さん、そして私(く)の3人のコンビネーション行動が徐々にスムーズになり、3畝作って、中休止。 また3畝作って、中休止。 と、言った具合に順調に事は運び、何とか終了しました。
 月、火の両日で、苗を植える予定です。
 苗植え班の皆様よろしくお願いいたします。
 ところで、この日の昼食時も、(た)さんが色々と食事を用意してきてくれました。 その中に高知産のたまねぎの入ったサラダがあるではありませんか。 いつもであれば、だれかのお皿に移してしまうのですが、なぜか、このときは・・・・、
 私がこの世に生を受けて64年4ヶ月と26日にして初めて体験、というよりは果敢なるチャレンジをしてみたくなったのです!
 なんと、’生玉ねぎ’を食べたのです。 それも、ゆっくりとカミカミして味わいながら食べたのです。
 
 その後、昨日31日(金)カレーを食べたのですが、いつもであれば、よけていた、くたくたに煮込まれた玉ねぎを残さず食べることができました。
 何か自分が変わったような気がしています。
 
 64歳にして変身できたことに対して、
   亀作ファームありがとう。
   (た)さんありがとう。
                      (く)

▼Flickr写真チェック!

IMG_20190725_185345-1
IMG_20190429_182113-3
P1130359-1
DSC_4972-5
NikonF2_024
DSC_4000-3

スマートフォンはこちら